水道・配水管・下水管

水道・配水管・下水管

エレベーターホールにあるバルブ(元栓)

利用するバルブは、お家側! 理由① 水量メーター前のバルブを動かしてはいけない。 理由② メーターを経たバルブが壊れた場合を考慮する。
便器

流せるトイレクリーナーは、排水管詰まりの原因のひとつ

トイレットペーパー以外のものは流さないこと 十分な水を流すこと 流せるトイレクリーナーは使用しないこと(重要)
水道・配水管・下水管

止水栓の不具合(水漏れ) / 交換方法について

経年劣化 長年設置されたままの止水栓は、どうしても経年劣化は避けられません。 初期不良 実は止水栓は設置時のみならず、その後もレバーを動かした形跡もないものがあります(品質チェックなし)。 取替時作業について
水道・配水管・下水管

大事なものを洗面台に流してしまった時に

ピアスやペンダントを洗面台に流してしまった!という経験はございませんか? 大事なのは、水を流さないこと! Bottle Trapでとどまっていることが多いのが現実です。 ご自身で何とかしようと思われている方は、Bottle Trapの下部を外してください。
水道・配水管・下水管

シンクや洗面台下のボトルトラップ/詰まり解消方法(清掃と分解)

ボトルトラップは、日本でよく見る通常のUトラップと異なり、洗面台の排水口から専用ブラシを入れても肝心なところの清掃ができません。 排水管用の洗剤を流し込んでも、大きな改善が見られない時には、分解して清掃するのが基本です。
水道・配水管・下水管

バスルームの排水管について

バスルームの排水管が床下でどのようにつながっているか?ご存じでしょうか? これを知ることで、バスルームの詰まりの原因がわかります。 今回は、バスルームの排水管について、その構造を見てみましょう。
水道・配水管・下水管

再発性の高い排水口詰まり

つい数ヶ月前に業者を呼んで排水管詰まりを解消したはずなのに、詰まりが再発したということがあります。 キッチンとバスルームの場合、2つについてその原因を挙げて考えてみましょう。
住居チェック

止水栓の有無と設置について

蛇口やトイレ便器の水供給の配水管には、止水栓が設置されているのが通常です。 設置されているには意味があります。皆さまのお住いのご自宅ではいかがでしょうか? 設置の有無を確認しておくと、何かあった時に慌てずに対処できます。
住居チェック

夜の水漏れ対応について

シンガポールで皆さまが経験されるご自宅不具合には、漏水(水漏れ)があります。 もし、夜にそういう問題が起きた時にどうすればよいのか? まずは慌てないこと、そしてその対処方法を今回ご説明いたします。
便器

トイレを詰まらさないために注意すること

トイレを詰まらせないために、 流せるウェットティッシュは、流さない! トイレットペーパーの使用はほどほどに! エコウォッシャーのご購入もご検討ください。